サッカーJ2のリーグ開幕を前に、FC岐阜の選手らが17日、岐阜市伊奈波通の伊奈波神社を訪れ、毎年恒例の必勝祈願を行った。目標の1桁順位を目指し、気持ちを新たにした。

 選手やコーチ陣、クラブスタッフら52人が出席。クラブを代表して宮田博之社長と大木武監督、FC岐阜後援会の岸野吉晃会長が玉串をささげ、かしわ手を打った。

 宮田社長は巨大絵馬に今季のスローガン「飛躍」を記し、選手らがサインを書き入れた。今季新加入で元日本代表のFW前田遼一選手は「結果を残せるよう、良い一年であることを願った」と力強く語り、大木監督は「応援に来てくれた人たちに笑顔で帰ってもらうためにも...    
<記事全文を読む>