サッカーJ2ファジアーノ岡山は17日、沖縄県でキャンプインした。23日までの7日間、イレブンはリーグ開幕の2月下旬から秋まで続くシーズンを戦い抜くための体力づくりに励む。

 けが人を除く28選手が沖縄入り。本島中部の恩納村で歓迎セレモニーに臨んだ後、練習拠点・赤間総合運動公園でダッシュやボール回しに1時間半、汗を流した。曇天で最高気温は20度に届かず肌寒い中、選手たちは軽快な動きを見せた。

 J1のC大阪から新加入したDF田中裕介は「コンディションを上げるのはもちろん、チームメートのピッチ外での性格も知っていきたい」と笑顔。今季から指揮を執る...    
<記事全文を読む>