サッカーJ3ザスパクサツ群馬は17日、群馬県のコーエィ前橋フットボールセンターで今季初の全体練習を行い、新シーズンに向けて始動した。「躍動」のスローガンを掲げた今季のスタートにふさわしい気に満ち、選手たちは生き生きと体を動かした。

◎「ようこそ」21人加え汗

 午前10時ごろ、約100人のファンが、グラウンドに現れた選手たちに大きな拍手を送った。上毛かるたをモチーフにした「雷と空風義理人情 ようこそザスパクサツ群馬へ」という横断幕が用意され、新加入の21選手に「歓迎ムード」を漂わせた。

 冒頭、奈良知彦社長、布啓一郎監督...    
<記事全文を読む>