【アルアイン(アラブ首長国連邦)=唐沢裕亮】2大会ぶりの優勝を目指すアジア・カップで、既に決勝トーナメント進出を決めている日本は、17日午後5時半(日本時間同10時半)から当地で、ウズベキスタンとの1次リーグF組最終戦に臨む。第2戦から大幅に先発を入れ替える方針の日本は、攻守の鍵を握るサイドバックの室屋(FC東京)が今大会初出場の機会をうかがう。

 中盤との縦の連係からサイドバックが飛び出し好機をつくるのが日本の攻撃の一つの形。初戦と第2戦をベンチから見届けた室屋は「自分が出たらどうしようと考えながら見ていた」。

 対戦相手のウズベキスタンは、サイドバックが高い...    
<記事全文を読む>