佐竹敬久秋田県知事は15日、サッカーJ3ブラウブリッツ秋田(BB秋田)の本拠地としての活用を想定した新スタジアム整備について、将来的に事業収益が赤字と見込まれる状況でも、建設に向けた議論は継続していくとの考えを示した。整備費が100億円ほどかかるとの試算については「J2規模では(それが)相場」と述べた。

 スタジアム整備を巡っては、県や秋田市などでつくる新スタジアム整備構想策定協議会が、八橋運動公園、秋田大、合板製造の秋田プライウッド本社の市内3カ所を候補地に挙げて検討している。

...    
<記事全文を読む>