サッカーJ2・モンテディオ山形は15日、2019年シーズン開幕に向け、静岡県御前崎市で1次キャンプをスタートした。

 3季連続で天然芝を完備した「御前崎NEXTAFIELD(ネクスタフィールド)」を拠点とした。早朝に山形を出発し、気温10度前後の午後3時半から練習を開始した。体調不良で合流が遅れているMF中村駿以外の27選手が参加。移動日を兼ねたため、ランニングやコーチ陣も加わったパス回しなど、軽めのメニューで汗を流した。FW阪野豊史は「2日目から本格的に始まる。けがをせず、全メニューをこなしたい」と語った。

 今シーズンの1次キャンプは昨季...    
<記事全文を読む>