サッカーJ1の札幌でプレーした経験もあり、J2のFC琉球で今期を迎える沖縄県西原町出身の上原慎也(32)=西原高―沖大出=は13日、琉球の練習に合流した。西原町の東崎公園サッカー場で、ジョギングやパス練習で軽く汗を流した。J2は「運動量もあり、攻守の切り替えも激しい。中盤のクオリティーも上げなければならない」と語り、新天地でのプレーに意気込む。

 沖大出身では初のJリーガーで、2009年に当時J2の北海道コンサドーレ札幌でプロデビューし、札幌のJ1昇格や降格など、チームとともに9シーズンを過ごした。18年にJ2愛媛でプレーした後、J2元年の琉球への移...    
<記事全文を読む>