【チェンマイ渡辺史哉】札幌の1次キャンプが14日、タイ北部のチェンマイで始まった。初日は軽めのメニューで約1時間、汗を流した。ペトロビッチ監督は「走ることができなければ、われわれの求める攻撃的なサッカーは実現できない。最初のキャンプでは走ること、選手のコンディションを上げることに重点を置きたい」と狙いを語った。

 チームは13日に出国し、14日午前にチェンマイ入り。初日は青森山田高の一員として全国高校選手権で優勝した檀崎、アジア・カップにタイ代表として臨んでいるチャナティップ、学業で合流が遅れる中村を除く24人が参加。7対2のボール回しや、3人1組でパス交換しながら前進する...    
<記事全文を読む>