昭和から平成初期にわたり、静岡を「サッカー王国」に築き上げた高校サッカー名門校のOBによる初蹴りイベント「夢のレジェンドマッチ」(J1清水エスパルス主催)が13日、静岡市清水区のIAIスタジアム日本平で開かれた。
 全国高校サッカー選手権で優勝経験がある清水商、静岡学園、清水東、東海大一で活躍したかつての名選手が試合に臨んだ。清水商出身のGK川口能活さん(43)、清水東出身のFW武田修宏さん(51)ら約100人が出場。GKが顔面でシュートを防ぐなど勝負にこだわったプレーに、約5千人の観衆から歓声や拍手が送られた。
 昨季限りで現役を引退した川口さんは「体力が落ちても...    
<記事全文を読む>