【アブダビ=唐沢裕亮】アジア・カップ第9日は13日、アラブ首長国連邦(UAE)の当地などで1次リーグ第2戦が行われ、2大会ぶり5度目の優勝を目指すF組の日本はオマーンを1-0で下し、2連勝を飾って勝ち点6とし、16強による決勝トーナメント進出を決めた。

 日本は前半28分、ゴール前で倒されて獲得したPKを原口が自ら右足で決め先制した。後半は武藤、伊東らを投入したが、追加点を奪うことはできなかった。E組ではカタールが北朝鮮に6-0で完勝し、2連勝で1次リーグ突破を決めた。北朝鮮は2連敗となった。

 日本は今後、17日にある1次リーグ最終戦でウズベキスタンと対戦する...    
<記事全文を読む>