J2のFC岐阜は12日、静岡市の清水ナショナルトレーニングセンターで静岡キャンプを開始した。午後3時から約2時間半の練習で別メニューの7選手を除き、パス回しやミニゲームに汗を流した。キャンプは15日まで。

 「新しく加入してきた選手が(2年間で)やってきたことをまずは身に付けるキャンプにする」と、大木監督は4日間の静岡キャンプの意図を語った。

 時間をかけて行ったパス回しの練習では、3~4メートルの間隔で、方向やタッチ数を変えながらパスを繰り返した。前日の今季初練習に続き、新加入選手を中心に慣れない姿が目立ち、練習後に「こんなに頭を使ってパスを出したことがなく、...    
<記事全文を読む>