サッカーJ2のファジアーノ岡山は12日、岡山市のイオンモール岡山で新体制を発表した。昨季15位のチームは有馬賢二新監督を迎え、新たに8選手が加入。2009年のJ2参入から11年目でのJ1昇格へ、イレブンらが決意を語った。

 監督やコーチ、新加入選手計11人が記者会見。有馬監督は「ファジアーノで監督をすることに本当に重みを感じている。選手たちとJ1に昇格する目標を持ちながら全力で戦っていく」とあいさつした。選手も抱負を述べ、J1C大阪から入団し、主軸として期待がかかるDF田中裕介選手は「J1に上がるために自分ができることを常に考え、勝利のために努力したい」と話した。...    
<記事全文を読む>