J2水戸は12日、水戸市のケーズデンキスタジアム水戸で、2019年シーズンの体制を発表し、新加入選手らの会見を行った。新たに加わった9人を含め全28選手で、J1昇格プレーオフ進出圏内の「6位以内」を目指す。

クラブ創設25周年を迎える今季のスローガンは「彩(いろどり)」。沼田邦郎社長は「水戸ホーリーホックを支えていただいている多くの方々の生活の一部に彩りを与える」と思いを説明し、「今シーズンはさらに高みを目指したい」と意欲を語った。

新加入選手は9人。今回の補強について、西村卓朗強化部長は「昨年、こういう要素があったらいいなというところを上手...    
<記事全文を読む>