サッカーJ2・モンテディオ山形は11日、山形市の諏訪神社で2019年シーズンに向けた必勝祈願を行い、J1昇格への決意を新たにした。

 就任3年目を迎えた木山隆之(たかし)監督と、新加入を含めた各選手は10日に今年の初顔合わせをした。11日はブラジル国籍の3人を除く25選手、スタッフらが出席。神事では1日に就任した相田健太郎社長と木山監督、昨季主将を担ったDF山田拓巳選手が玉串をささげた。

 在籍2年目で年男のDF熊本雄太選手は「失点ゼロに抑える試合を増やしていきたい」と目標を語った。木山監督は「3年という期間は一つの区切りとも考えられる。チー...    
<記事全文を読む>