J1歴代四位の得点数を誇る実力者として、鳴り物入りでFC東京から移籍した元日本代表の前田選手は「得点やアシストなどゴール前のプレーを見てほしい」とアピールした。

 記者会見では、岐阜について問われ「自然が豊かで空気がおいしい」。岡田武史監督が率いてた日本代表チームでは、大木監督がコーチを務めており、岐阜との縁はあった。前田選手は「ほかの指導者とは違い、パスをつなぐ考え方が明確で独特。大木さんのサッカーがやりたかった」と振り返った。

 FC岐阜のサッカーについては「しっかりとパスをつないで攻撃する魅力的なスタイル」と印象を話し、「プレーと言葉で勝利に貢献する」と決...    
<記事全文を読む>