Jリーグは11日、今季の開幕カードなどを発表した。J1参戦8年目となるサガン鳥栖は2月23日にホームの鳥栖スタジアムで名古屋と対戦。第2節(3月2日)は元スペイン代表MFイニエスタらを擁する神戸、第3節(同10日)はFC東京とそれぞれアウェーで戦う。

 J1で2007~09年の鹿島以来となる史上2度目の3連覇を目指す川崎は2月23日にホームの川崎市等々力陸上競技場でFC東京と対戦。元スペイン代表FWビジャ、元日本代表MF山口ら積極補強を続ける神戸は金曜の22日に行われる開幕戦でアウェーのC大阪戦に臨む。

 23日は川崎戦のほか、仙台―浦和、鹿島―大分、湘南―札幌...    
<記事全文を読む>