札幌は11日、札幌市内のホテルで今季の新加入選手の入団会見を行った。2016年のリオデジャネイロ五輪にU―23(23歳以下)日本代表として出場したFW鈴木武蔵(24)=長崎=ら6選手が力強く抱負を語った。

 高い身体能力を誇り、昨季11得点を挙げた鈴木は「DFの背後に抜ける速さが自分の特長。ダイナミックなプレーを見てほしい」。スピードが武器のアタッカーで、20年の東京五輪出場も期待されるFW岩崎悠人(20)=京都=は「札幌のサッカーは好守に魅力的。持ち味の運動量でチームに貢献したい」と活躍を誓った。

 左サイドでの起用が見込まれるMF中野嘉大(25)=仙台=は、...    
<記事全文を読む>