サッカーJ2水戸ホーリーホック(沼田邦郎社長)の全選手とクラブスタッフは10日、水戸市常磐町の常磐神社を参拝し、2019年シーズンの必勝を祈願した。長谷部茂利監督と選手らは「J1昇格を目指す」という決意を込めた特大絵馬を奉納した。

オフシーズンに選手の加入や退団があったため、新生水戸のメンバー全員が顔を合わせるのはこの日が初めて。必勝祈願後、昨季主将を務めた細川淳矢選手は「どんなチームになるのかという不安と期待が入り交じっている」と率直な気持ちを話した。

昨季は現行制度でクラブ過去最高となる10位で終えた。細川選手は「今年はさらに歴史を塗り替えていかなきゃという強...    
<記事全文を読む>