サッカーJリーグ1部(J1)ジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔選手(40)と中野誠也選手(23)が10日、静岡市駿河区の静岡 新聞放送会館に大石剛静岡新聞社・静岡放送社長らを訪ね、今季の抱負を語った。
 昨季、磐田は16位に終わり、J1参入プレーオフで辛うじて残留した。中村選手は「反省し、それを生かすだけだと横ばいになる。ばねにする材料を手に入れた。飛躍しないと苦しんだ意味がない」と話し、中野選手も「結果にこだわりたい」と巻き返しを誓った。
 横浜Mや日本代表で一緒に戦った川口能活さんや楢崎正剛さん、中沢佑二さんが現役引退を表明。中村選手は「自分がサッカーをできる...    
<記事全文を読む>