サッカーJ3のAC長野パルセイロは9日、J2大宮のMF山田陸(20)が育成型期限付き移籍で加入することが決まったと発表した。契約により、大宮との公式戦には出場できない。
 176センチ、72キロ。東京都出身で、2017年に大宮の下部組織からトップチームに昇格。18年はJ3盛岡に育成型期限付き移籍し、主にボランチでリーグ戦20試合に出場した。
 契約満了のため退団が決まっていたFW勝又慶典(33)は関西リーグ1部のおこしやす京都AC、DF都並優太(26)はJFLの奈良クラブ、MF前田悠斗(24)は同FC大阪への移籍が決まったことも発表した。

...    
<記事全文を読む>