広島市中心部へのサッカースタジアム建設を巡り、市と広島県、広島商工会議所、サンフレッチェ広島の4者が、中区の中央公園自由・芝生広場を最終候補地に絞り込む方向で調整に入ったことが9日、関係者の話で分かった。市と県、広島商議所のトップが近く会談し、方向性を確認する見通し。

 4者は、中央公園自由・芝生広場と旧市民球場跡地(中区)、広島みなと公園(南区)の3案から候補地を絞り込む作業に入っていた。中央公園広場案は近くの基町地区の住民から反対の声が上がっていたが、市などは住民説明会を開くなどして活性化案などを示していた。

 中区の紙屋町・八丁堀地区が国の都市再生緊急整備...    
<記事全文を読む>