J1清水は9日、昨季限りで契約満了となったGK植草裕樹(36)が現役を引退し、スカウト担当に就任すると発表した。
 千葉県出身の植草は市船橋高(千葉)、早大を経て2005年に川崎に入団。山形、長崎などでプレーし、16年途中に加入。当時J2だった清水をJ1昇格に導いた。J1通算18試合出場。J2は通算38試合に出場した。昨季は公式戦出場がなかった。
 昨季限りで現役引退したMF兵働昭弘(36)がスカウト担当に就くことも発表した。

...    
<記事全文を読む>