J1仙台は8日、今季の選手の背番号を発表した。仙台ユース出身でC大阪に移籍するMF奥埜博亮が昨季まで付けていた「7」はMF関口訓充が継承する。
 「7」は仙台市出身で2010年に引退した千葉直樹さんが長く付けていたチームの象徴的な番号。04年に東京・帝京高から仙台に加入してチームの中心を長く担い、他チームへの移籍を経て昨季6季ぶりに復帰した関口が担う。
 昨季終盤にボランチのレギュラーを勝ち取ったMF椎橋慧也は「34」から「5」、昨季途中に2季ぶりに復帰したFWハモンロペスは「37」から「9」に変更した。
 新加入選手ではモザンビーク代表経験のあるDFシマ...    
<記事全文を読む>