プロ引退を発表したサッカーJ2徳島ヴォルティスのDF井筒陸也選手に、決断の背景や今後を聞いた。

 -引退の理由は。

 高校時代からシーズンごとに、サッカーを続けるかどうか自問を重ねてきた。その中でスポーツを通じた人のマネジメントややりがいづくり、組織論といった分野に関心が強まり、追求したいと思うようになった。

 -なぜ今決断したのか。

 「Jリーガー」は魅力的な仕事だが、制約もある。2月には25歳。残り5年ある20代のうちに新たな挑戦がしたかった。

 -今後の進路は。

 東京のベンチャー企業で会社員をしながら、社会...    
<記事全文を読む>