J1清水は7日、ゼネラルマネジャー(GM)補佐の大榎克己氏(53)がGMに就任すると発表した。
 大榎氏は清水東高、早大、ヤマハ発動機(現J1磐田)を経て1991年に清水に加入。引退後は早大監督、清水ユース監督などを歴任し、2014年途中に清水の監督に就任した。15年途中に監督を辞任し、昨年からはGM補佐を務めていた。
 大榎氏は「育成型クラブを基本に、長い目線でチームをつくっていく。外国人補強のためのパイプも強くしたい」と抱負を語った。

...    
<記事全文を読む>