サッカーJ2のファジアーノ岡山は4日、2019年シーズンを戦う新ユニホームを発表した。フィールドプレーヤーのホームは、チームカラーの赤に紺を加えた配色を昨季から継続し、新たに取り入れた縦じま模様が特徴となっている。

 ホームは赤と紺を左右非対称に配したモデルから変更。5本の縦じまは胸部分で2色が徐々に切り替わるデザインで「躍動と調和」「スピーディーな攻守の切り替え」を表現した。白がベースのアウェーは旧ユニホームのV字柄をやめ、クラブのエンブレムにあるキジ(イタリア語でファジアーノ)がうっすらと浮かぶ透かし柄を取り入れた。

 GKのホームは緑、...    
<記事全文を読む>