2年目に挑むJ1広島の城福監督は「ムービング・フットボール」で猪突(ちょとつ)猛進する。昨季から取り組む強度の高いプレーに、「広島が10年来築き上げてきたパスをつなぐスタイルの融合を進める」。信念とする“人もボールも動く攻撃的なサッカー”でリーグとアジアの頂を見据える。

...    
<記事全文を読む>