二〇〇四年から毎年、伊勢市で開催されてきた「神宮奉納 全国生涯野球チア・アップ伊勢大会」が昨年十月を最後に、新年度から休止することになった。野球愛好家の全国の高齢者たちの交流の場として、また伊勢を全国にアピールする場として十五年間にわたり続いてきた大会だが、ボランティアスタッフも高齢化し、運営が難しくなった。

 大会は、伊勢市在住のボランティアで構成する大会実行委員会が「野球を通じ高齢者の健康づくりをするとともに、全国から伊勢に来てもらい、地元民との交流を楽しんでもらう」との趣旨で始めた。鳥取や徳島、長野県など全国から、五十八歳以上の選手で構成する二十四チームが参加。伊勢市...    
<記事全文を読む>