プロ野球の北海道日本ハムは28日、1軍キャンプを行う米アリゾナ州スコッツデールに向け、チャーター機で成田空港を出発した。

 今年で4年連続となるアリゾナキャンプに出発したのは栗山英樹監督や1軍コーチ陣らスタッフと、主将の中田翔内野手、清宮幸太郎内野手ら39選手。同空港での出発セレモニーで栗山監督は「本当に強いチームをつくり、もう一度日本一になり(北海道の)皆さんに喜んでもらえるよう頑張る」と意気込みを語った。

 通算120勝の金子弌大(ちひろ)投手や、台湾で打率4割を2年連続で記録した王柏融外野手ら積極的補強を進めた今季。中田選手は「チームメートとはいえ蹴落とし...    
<記事全文を読む>