西武の高橋光成投手(21)が27日、人生最重量ボディーで開幕ローテ入りを狙うことを誓った。石垣島で取り組んだ自主トレで米マリナーズに移籍した菊池に師事し、昨季は90キロだった体重が105キロに増加。下半身を中心に一回り以上も大きくなった。

 「ウエートトレーニングをしっかりできた。人生で一番重くなったと思う」。厳しい練習で体重100キロという強い肉体を築き上げた菊池から刺激を受けた成果を高橋光が強調した。

 2勝にとどまった昨季、右肩痛に苦しんだ影響もあり、春季キャンプは大事を取ってB班(2軍)スタート。それでも首脳陣の評価は高い。練習を視察した小野投手コーチは...    
<記事全文を読む>