プロ野球の沖縄春季キャンプが各地で2月1日に始まるのを前に、受け入れ自治体の協力会や県の関係者らが一堂に会したキャンプ開幕宣言イベントを25日、那覇市の県民広場で行った。県出身の中日ドラゴンズ、又吉克樹投手も参加した。出身地の浦添市でキャンプするヤクルトスワローズの選手らを見てプロ野球を目指したという又吉投手は「選手が歩いているのも近くで見える。体の大きさを見るだけでもすごい経験だ」とキャンプの楽しみ方を指南した。イベントでは各協力会のキャンプ地情報の紹介などもあり、日韓16球団が参加していよいよ始まる沖縄キャンプへ関係者らが気勢を上げた。

 広島、ヤクルト、巨人、DeNA...    
<記事全文を読む>