「これから大変やけど頑張れよ」。育成で指名された直後、兄でチームのエース昂大からメールが来た。「大変には二つの意味がある。プロの厳しさと、弟として歩むこれからと。同じ舞台に立てるように全力を尽くす」と意気込む。
 兄そっくりのフォームからツーシームやカーブなど4種類の変化球を操る。「昔は直球で押すタイプだったが、変化球で打たせて抑える投球に変えた」
 契機は、もう一人のエース岸の投球だった。切れのあるカーブで打者を簡単に打ち取る姿を見て「こういう抑え方があるのかと勉強になった」。データで自己分析した結果、直球よりも変化球の方が被打率が低いことも分かった。
...    
<記事全文を読む>