プロ野球東北楽天を運営する楽天野球団は、本拠地「楽天生命パーク宮城」(仙台市宮城野区)で開催する今季公式戦から、スタジアム内全店舗で現金を使えない完全キャッシュレス化に踏み切る。立花陽三球団社長にメリットや4月2日の本拠地開幕戦に向けた準備などを聞いた。(聞き手はスポーツ部・中村紳哉)

 -キャッシュレス化の目的は。
 「世界的に見て、日本はキャッシュレス化が遅れている。今回の取り組みはあくまでもファーストステップ。野球場を起爆剤に、楽天が持っているサービスを体験してもらい、次世代サービスの提供につなげられるように進んでいきたい」

...    
<記事全文を読む>