フリーエージェント(FA)で巨人に加入した炭谷銀仁朗捕手(31)の人的補償として西武に移籍した内海哲也投手(36)が23日、埼玉県所沢市の西武第二球場での自主トレを公開した。ランニングや最長80メートルの遠投などで汗を流し、新天地での活躍を誓った。

 「順調に仕上がっている。(巨人で)15年やってきた経験を16年目に生かせるように。1年間戦える体づくりをやっていきたい」。21日までは鹿児島・奄美大島で自主トレを行い、「キャッチボールの延長で傾斜でも投げた」とブルペンにも数回入ったという。

 温暖な地から肌寒い所沢に戻り、いったんペースを抑える考え。その目は「2・...    
<記事全文を読む>