野球に打ち込む子どもたちを故障から守り、競技人口の減少に歯止めをかけようと、「神奈川学童野球指導者セミナー」(神奈川新聞社など後援)が20日、横浜市西区の西公会堂で開かれた。

 県内の整形外科医や慶応高前監督の上田誠さんらが2017年に同セミナーを立ち上げ、昨年に続き2度目の開催。学童野球の指導者や医療関係者、保護者ら約580人が受講した。専門家がけがの原因や予防法などをレクチャーしたほか、日大藤沢高出身で元中日投手の山本昌さん、横浜高の渡辺元智前監督らが自身の経験を交えて指導法を説き、参加者は熱心に耳を傾けた。

 今春から新潟県高野連が投手...    
<記事全文を読む>