榎田が「影武者」で2年連続2桁勝利を目指す。昨年に続いて、福岡県久留米市でソフトバンク千賀らと鴻江スポーツアカデミー主催の合同自主トレに参加。西武には東京ガスの先輩でもある内海が加入し、自身も主戦級の活躍が求められるが「内海さんが若手の見本になる。その陰でこっそりうまくいけばいい」と控えめだ。昨年の合同自主トレでは、自己最多の62試合に登板した阪神時代のプロ1年目、2011年のフォームを取り戻せたという。今回は右足の上げ方を重点的に確認し「シーズン中のずれを直した」と語った。

...    
<記事全文を読む>