東北楽天の今江と藤田が自主トレーニングで熟練の技を磨いている。成長を続ける若手や他球団からの移籍組と出場機会を争うことになりそうなベテラン2人の練習に妥協は一切ない。
 今江は18日、沖縄県内で自主トレを公開した。「あと10球はやりたい」と守備を磨くためにノックを追加。ティー打撃などでバットも振り込んだ。
 昨季は127試合に出場し、打率2割7分6厘、10本塁打と主砲の役割を十分果たせなかった。プロ18年目となる今季のスタート段階で、「初めてというくらい守備も打撃も感触がいい。すごくワクワクする」と進化を感じている。
 35歳は、若手の台頭に危機感を覚えて...    
<記事全文を読む>