日本ハムの栗山英樹監督は19日、今季の開幕投手について「まだ誰にも言い渡していない」とした上で、ドラフト1位新人、吉田輝星投手(秋田・金足農高)が務める可能性を「今年は何でもあり。無理だと思う気持ちが未来を閉ざしてしまう」と否定しなかった。千葉市内での日本ハムグループの展示会に吉田輝らと出席し、取材に答えた。

 吉田輝はこれを伝え聞き「それくらいの意識でやっていく。開幕投手はチームで一番いい投手が務める。キャンプで自分の調子のいい球を見せたい」と力強く話した。他の新人とのトークショーでは、詰めかけた約1500人のファンに「1軍で活躍して日本一」と宣言した。

...    
<記事全文を読む>