楽天4年目の堀内謙伍捕手(静岡高出)が開幕1軍と正捕手奪取を懸けて、磐田市内で自主トレーニングに励んでいる。楽天の絶対的な正捕手として長く君臨する嶋の後継者を巡る争いは「横一線」と堀内。2月のキャンプでアピールし、3月の草薙球場でのオープン戦で地元ファンに成長した姿を見せる。
 昨季は1軍で12試合に出場。9月25日の西武戦に初先発し初安打、初打点を記録した。試合は2点リードの九回に西武の秋山に満塁弾を浴びて逆転負け。「抑えようと不用意に行き過ぎた。秋山さんの前で満塁にしたのが敗因」と悔しい結果にも多くの学びを得た。「経験するとしないとでは全然違う。1軍の打者は考えて打席に立...    
<記事全文を読む>