西武の辻発彦監督(60)が16日、埼玉県庁で行われた「彩の国功労賞」の贈呈式に出席し、埼玉県民にリーグ連覇を誓った。就任2年目の昨季は10年ぶりの優勝に導き、球団が同賞を受賞。贈呈式ではサッカー日本代表前監督の西野朗氏(63)と“初競演”した。

 さいたま市出身の西野氏は、昨年のワールドカップ(W杯)ロシア大会の直前に監督に就任。不利な状況をはね返し、日本を16強に導く名采配を披露した。「(大会直前の監督交代は)国民やサポーターを困惑させたが、何とか最低限の成果は上げられた」と当時を振り返った。

 「サッカーは好き。見ていたよ」と振り返っ...    
<記事全文を読む>