西武のドラフト3位ルーキー山野辺翔内野手(24)=三菱自動車岡崎=を春季キャンプA班で「ポスト浅村」として育てるプランが濃厚となった。13日、辻発彦監督(60)が西武第二球場での新人合同自主トレを初視察し、熱視線を送った。

 指揮官は育成を含む新人10選手の動きを満足げに見つめ、中でも山野辺に注目。「じっくり見てみたい。守れて足(の速さ)もあれば、打つ方は目をつぶってずっとオープン戦で使ってみてもいい。源田じゃないけど、そういう気持ちでやってもらいたい」と、主力のA班で鍛えることを示唆した。

 新人選手への訓示などはなく、練習の合間にあいさつを交わし、「風邪ひか...    
<記事全文を読む>