ベイスターズの新人投手たちが13日、横須賀市長浦町のベイスターズ総合グラウンドで三浦大輔投手コーチが見守る中、初めてブルペン入りした。ドラフト1位の上茶谷大河投手(22)=東洋大=は捕手を立たせた状態でも力強いボールの軌道を披露。「6~7割の力で投げた。バランス自体は良かった」と順調な調整ぶりをアピールした。

 注目の本格派右腕はセットポジションから直球のみ20球を投じた。1球ずつ入念に投球フォームを確認しながら、マウンドで躍動した。「投げ終わった後に一本足で立てるかどうかを意識しました。しっかり体重移動ができないとフィニッシュが決まらないので」
<記事全文を読む>