東北楽天の高梨が13日、神奈川県内で自主トレーニングを公開し、プロ2年間の公式戦で一度も使っていないチェンジアップの精度向上に意欲を示した。「まだまだ野球がうまくなると思っている」。昨季、球団新記録となる70試合に登板した変則左腕は、新球を武器にチームを常勝に導く決意を示した。
 契機は、日本代表として招集された昨年11月の日米野球。チームの役割と同様に左打者の抑えを任されると思ったが、相手のメンバーは右打者ばかりがそろっていた。「火だるまになるのを恐れた」と慌てて同僚の松井にチェンジアップの投げ方を聞いて、右打者7人に1安打無失点と好投した。
 実は2年目の昨季、...    
<記事全文を読む>