プロ野球の新人研修会が11日、東京都内で行われた。吉田輝星投手(秋田・金足農高)や福田俊(すぐる)投手(星槎道都大)ら日本ハムの8人を含む12球団の新人選手が、野球殿堂博物館の見学や講義などを通じてプロ野球選手としての意識を高めた。

 選手たちは博物館を見学後、禁止薬物の危険性や納税、野球賭博問題などを学んだ。昨季で現役引退した元中日投手の岩瀬仁紀氏はプロの心構えを語り、自身の長所を伸ばすことが生き残りにつながると伝えた。

 吉田輝は「自分の長所は気持ちの強さ。そこを伸ばしていきたい」と語った。

 研修会後、吉田輝と柿木蓮投手(大阪桐蔭高)は都内で行...    
<記事全文を読む>