西武の森友哉捕手(23)が10日、球団史上初となる先発捕手100試合以上での打率3割を目標に掲げた。伊東勤(現中日ヘッドコーチ)ら歴代の名捕手も届かなかった3割の壁。球団では正捕手での3割は西鉄時代の1962年の和田博実(先発捕手74試合)までさかのぼる。「キャッチャーとして出続けて、3割打ちたい」と意気込んだ。

 山川との沖縄自主トレでは多くの時間を打ち込みに割いている。「一番は振り込み。バットを振ることを意識している。技術も大事だけど、振れないと(自主トレで)何をやってきたんやとなってしまう」と言い切った。

 春季キャンプでは捕手としての練習の比重が大きくな...    
<記事全文を読む>