日本学生野球協会は10日、2018年度の表彰選手および部員(大学26人、高校47人)を発表し、高校の部は甲子園大会で春夏連覇を果たした大阪桐蔭の主将、中川卓也内野手、夏の甲子園準優勝で旋風を起こした金足農の主将、佐々木大夢外野手らを選んだ。

...    
<記事全文を読む>