ドラフト5位の柿木蓮(18、大阪桐蔭高)が9日、鎌ケ谷の新人合同自主トレで吉田輝星(17、金足農高)とコンビを組み、キャッチボールなどを行った。昨夏の甲子園V腕は寮の風呂でも裸談議をするドラフト1位の「相棒」に刺激を受け、ひそかにライバル心をたぎらせていた。

 3度の甲子園優勝を経験した柿木もプロでは、裸一貫のスタートだ。初日のメニューを消化し「慣れない空気感に少し疲れました。でも寮は食事もおいしいし、立派なグラウンドで室内も広い。最高の環境を与えてもらっている」と充実感をにじませた。

 寒風吹き抜ける中、練習パートナーの吉田輝と感触を確かめるようにキャッチボー...    
<記事全文を読む>