昨年のパ・リーグMVPに輝いた西武の山川穂高内野手(27)が8日、沖縄県宜野湾市で行っている自主トレを公開した。

 47本塁打で初のタイトルを獲得するなど昨年はチーム10年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献。知名度を一気に上げて故郷に戻ってきた主砲は「暖かいし、いいですね。いろんな人に気付いてもらって、おめでとうと言っていただいた。反応が違う。ありがたいので(今年は)50発打ったり、もっと素晴らしい成績を残せるように」と反響に感謝した。

 自主トレには同僚の森友哉捕手(23)に加え、同じ沖縄出身でソフトバンクの育成選手、砂川リチャード内野手(19)も参加している。砂川...    
<記事全文を読む>