鳥栖市出身でプロ野球・広島東洋カープを球団史上初のセ・リーグ3連覇に導いた緒方孝市監督(50)が7日、橋本康志市長を表敬訪問し、「今シーズンも勝ち、4連覇を果たしたい」と抱負を述べた。

 緒方監督は昨年7月の西日本豪雨で、広島市でも大きな災害が起きたことに触れ「球場のすぐ近くで、公式戦も3試合中止になった。選手たちは被害に遭われた方たちに元気になってもらおうと士気を高め、(直後のホームゲームで)サヨナラ勝ちするなど頑張ってくれた」と振り返った。

 今シーズンに向けては「昨夜に開いてもらった祝賀パーテーィーでも『ことしこそ日本一』という言葉をかけてもらった。ぜひ優...    
<記事全文を読む>