西武からポスティングシステムで米メジャーのマリナーズに移籍した菊池雄星投手(27)が7日、西武の球団事務所を訪問した。

 前日6日に米国から帰国。渡辺ゼネラルマネジャーらにあいさつし、球団から花束を贈られた左腕は「9年間の感謝の思いを伝えた。西武に入団できてよかった」と話した。2軍本拠地の西武第二球場や選手寮にも足を運び、思い出の場所に別れを告げた。

 現地時間3日(日本時間4日)に行われたマリナーズの入団会見では流ちょうな英語が話題になった。菊池は「2年前くらいから考えていた。(サッカー元日本代表の)本田圭佑さんが外国語で会見をしている姿を見て、かっこいいと思...    
<記事全文を読む>